MacのKarabiner-Elements設定メモ

Macのキーボード設定変更アプリの Karabiner-Elements の設定メモ。

HHKB(HHKB Professional2とHHKB Professional JP Type-Sを使用)でホームポジションを崩さずに操作できて、腱鞘炎にならないための設定。

Karabiner-Elementsの設定

Simple modifications

International3はバッククォートとチルダを打てるようにする。

Complex modifications

基本設定

  1. Change delete key (rev 3)
    • Change shift + delete to forward delete (rev 2)
  2. Diamond Cursor
    • Change fn + I/J/K/L to Arrow Keys
    • Change right_command+i/j/k/l to Arrows

必要に応じて設定

キーボードの使いすぎで小指や手首が痛くなったときに、一切ホームポジションを崩さないようにする設定(例:etnerやbackspace、foward deleteなどもホームポジションで操作)。
あと、右手でマウスを操作しながら、左手でenterやbackspaceも操作できるようにもなる。

  1. Diamond Cursor Right Supplements (rev 2)
    • Change right_command+u/m/o/. to page up/page down/home/end (rev 2)
    • Change right_command+;/h to delete/forward delete
  2. Minimal Dual keys
    左commandだけ押すとbackspace、左Shiftだけ押すとEnter。それぞれ長く押しているときは通常のキー判定となる。意外と押し間違いもなく使いやすい。

Macのキーボード設定