BLE Nano -> Arduino連携時のデータ送信

シリアル経由のデータやり取りは、1文字ずつしか送れないため、シリアルモニターにも1文字ずつしか出力できない。そのため、終端文字を一緒に送って、「ここから、ここまでのデータを送るよ」と伝える必要がある。 (例)1111.1 … Continue reading BLE Nano -> Arduino連携時のデータ送信

MacでBLE Nanoをシリアルモニターに出力するにはArduino IDEが便利

Mac OSはTeraTermみたいなのはないので、BLE Nanoをmbedで開発したプログラムをシリアルモニターに出力する場合は、ターミナルでコマンドを打ち込んで出力するか、Macの有料アプリを利用する必要がある。タ … Continue reading MacでBLE Nanoをシリアルモニターに出力するにはArduino IDEが便利