用語集プラグイン CM Tooltip Glossary Pro+の設定

有名な用語集プラグインの無料版「CM Tooltip Glossary」だと、標準の投稿や固定ページには用語ハイライトに対応しているのですが、ACFで登録したカスタムフィールドには対応されていません。有料版の「CM Tooltip Glossary Pro+」を購入するとACFにも対応することができます。

用語ハイライトのイメージ

以下は、「昇華印刷」という用語と説明文を登録したため、該当キーワードにマウスを重ねると、説明が表示されます。

なお、キーワードの前後には空白のスペースを入れることで、用語ハイライトとして認識されるようになります。

実際の動作イメージはこちらを参照(「スペック」という箇所に用語ハイライトがあります) → MassdropでALTキーボード購入 – コトコト

ACFのカスタムフィールドへの対応

有料版の「CM Tooltip Glossary Pro+」を購入したあと、該当プラグインの「Settings」メニュー > 「General Settings」タブより、以下の設定を行います。

  • Highlight terms in ACF fields? → チェック入れる
  • Types of fields to highlight → チェック入れる

    ハマりポイント1

    「Types of fields to remove the WP functions:」は、チェックを入れると、改行が自動削除されます。意図しない挙動を防ぐため、チェックを外したほうがよいでしょう。

    ハマりポイント2

    ACFのカスタムフィールドに、のショートコードだけを入力しているような場合(たとえばInstagramだけ入力)、CM Tooltip Glossaryプラグインの上記設定と競合してうまく表示されませんでした。
    なんでもよいため、カスタムフィールドには冒頭に文字が入力されている必要があります。

カスタム投稿タイプへの対応

カスタム投稿タイプかつACFのカスタムフィールドを利用していますが、そのままの設定で動作しました。特に意識する必要はないようです。

関連キーワードを非表示にする

記事の下部に、以下のような形で「Related Terms:」という関連するキーワードが自動的に表示されてしまいます。

「Settings」メニュー > 「Glossary Terms」タブより、以下の設定で非表示にできます。

  • Show linked glossary terms list under post/page? → チェック外す

補足

記事の中身をいろいろと変えてしまうようなので、設定は一通り、ご覧になることをオススメします。

WordPress ACF ProのInstagramとYouTube表示が異常に重い

WordPress ACF Proプラグインでカスタムフィールドを作成して、InstagramとYouTubeコンテンツをフィールドタイプ「oEmbed」を使って、10件ほど登録したところ、表示までに8秒ほど時間がかかり、異常に遅くなった。

やったこと

フィールドタイプ「Wysiwyg」に置き換えてから、URLを貼り付けて登録したところ、劇的に改善した。表示速度が0.18秒になった(元々のKUSANAGIの速さに戻った)。

原因はわからず

WordPressのoEmbed機能自体は全く問題なく、ACF ProのoEmbedフィールドタイプが問題と思われるが、バグ情報などが見つからず、原因わからず。もしかしたらACFではない可能性もあるが、ひとまずACF ProのoEmbedは利用しないでおく。(非常に便利だったので改善されたらまた使いたい)

ACF Proの柔軟コンテンツ

プライベートでWordPressのプラグイン ACF Pro を購入して柔軟コンテンツを利用したため、そのメモ。

柔軟コンテンツの超わかりやすい図解はこちら。
[WordPress] Advanced Custom Fieldsの拡張パッケージ、Flexible Content Fieldの使い方

柔軟コンテンツの登録例

柔軟コンテンツの中に柔軟コンテンツを入れる、っていう入れ子の構造も可能。
ACF Proの繰り返しフィールドの中に繰り返しフィールドを入れる、っていう入れ子と同じ仕組みが使える。

柔軟コンテンツの入力例

「行を追加」ボタンで柔軟コンテンツを呼び出せる。
以下の画像はすでに呼び出した後だが、右下にそのボタンを押したときにパターン選択できる模様も表示しておいた。

ACF ProはPersonal(1サイトのみ利用)で日本円で2,000円ぐらいだった。
がんばって開発するぐらいなら、これ買ったほうが確実に楽できる。安いし。
Developer(サイト無限に利用)はいつでもアップグレードできるらしいので、まずはPersonalからスタート。