Sublime Text 3でMarkdownプレビュー

「OmniMarkupPreviewer」をインストールすれば使用可能。

インストール

  1. Sublime Textを起動して、上部メニューの「Sublime Text」-「Preferences」-「Package Control」をクリックする。
  2. Package Control: 「Install Package」を入力してクリック(「In」まで入力してEnterでも可)。
  3. 「OmniMarkupPreviewer」を入力してEnter。しばらくするとインストール完了。

Markdownのプレビュー方法

  1. Sublime Textの右下にある文字列(Syntax)をクリックしてMarkdownを選択する。または、上部メニューの「View」-「Syntax」-「Markdown」からでも選択可能。※これ重要
  2. command + alt + O を押すとブラウザが勝手に立ち上がってリアルタイムのプレビューモードになる。

参考画面

RailsAdminにモデル追加(自動認識っぽい)

RailsAdmin使って管理画面を作ったあとに、モデルを新規追加したい場合は、Railsサーバーを再起動すれば自動認識されるっぽい。再起動しないと左メニューのNAVIGATIONに追加されなかった。

たとえば、以下はTrainerモデルを追加してRailsサーバー(rails sコマンドを停止してもう一回実行)したらTrainersが表示された。

Rails bundle installのconflictエラー対応メモ

ActiveAdminで使うGemを追記してbundle installしたときの対応メモ。

  1. bundle installコマンドを実行すると、以下のエラーが表示される。
Running `bundle update` will rebuild your snapshot from scratch, using only
the gems in your Gemfile, which may resolve the conflict.
  1. Gemfileファイルで指定しているバージョンをすべて外して保存する。

  2. gem listコマンドでバージョン確認後、gem cleanupコマンドを実行する。

  3. bundle updateコマンドを実行する。そして解決。

Rails ActiveAdmin入れるとscaffoldしてもindexとかshowが生成されない

RailsでActiveAdmin入れたあとに、rails g scaffoldで自動生成すると、controllerにindexとかshowが生成されなくなる。

「InheritedResources::Base」というのがファイルの冒頭についてしまい、Rsourcesで定義されるindexやshowなどの定番のアクションの記述を省略しても、動作するようになってしまう。

これを解決するためには、application.rbファイルに以下を記述することが対応可能。

config.app_generators.scaffold_controller = :scaffold_controller

参考サイト

ActiveAdminを入れたら一緒にinherited resourcesも入ってscaffoldテンプレートが上書きされてしまう