WP Twenty Seventeenテーマの1カラム表示

先ほどWordPressのTwenty-Seventeenテーマがver1.6への更新通知がきていたので更新したところ、表示が2カラム形式に戻ってしまっていた。本来は1カラムで設定をしていた。

  • 外観 > カスタマイズ > テーマオプション(この時にプレビュー表示が固定ページじゃないとこのメニューが表示されない) > 1カラム に設定する
  • 外観 > カスタマイズ > ウィジェット > ブログサイドバー で全てのウィジェットを削除する

雑な感じだったけど、これでもとの1カラム表示に戻った。

WordPress ACF ProのInstagramとYouTube表示が異常に重い

WordPress ACF Proプラグインでカスタムフィールドを作成して、InstagramとYouTubeコンテンツをフィールドタイプ「oEmbed」を使って、10件ほど登録したところ、表示までに8秒ほど時間がかかり、異常に遅くなった。

やったこと

フィールドタイプ「Wysiwyg」に置き換えてから、URLを貼り付けて登録したところ、劇的に改善した。表示速度が0.18秒になった(元々のKUSANAGIの速さに戻った)。

原因はわからず

WordPressのoEmbed機能自体は全く問題なく、ACF ProのoEmbedフィールドタイプが問題と思われるが、バグ情報などが見つからず、原因わからず。もしかしたらACFではない可能性もあるが、ひとまずACF ProのoEmbedは利用しないでおく。(非常に便利だったので改善されたらまた使いたい)

ACF Proの柔軟コンテンツ

プライベートでWordPressのプラグイン ACF Pro を購入して柔軟コンテンツを利用したため、そのメモ。

柔軟コンテンツの超わかりやすい図解はこちら。
[WordPress] Advanced Custom Fieldsの拡張パッケージ、Flexible Content Fieldの使い方

柔軟コンテンツの登録例

柔軟コンテンツの中に柔軟コンテンツを入れる、っていう入れ子の構造も可能。
ACF Proの繰り返しフィールドの中に繰り返しフィールドを入れる、っていう入れ子と同じ仕組みが使える。

柔軟コンテンツの入力例

「行を追加」ボタンで柔軟コンテンツを呼び出せる。
以下の画像はすでに呼び出した後だが、右下にそのボタンを押したときにパターン選択できる模様も表示しておいた。

ACF ProはPersonal(1サイトのみ利用)で日本円で2,000円ぐらいだった。
がんばって開発するぐらいなら、これ買ったほうが確実に楽できる。安いし。
Developer(サイト無限に利用)はいつでもアップグレードできるらしいので、まずはPersonalからスタート。

WP Mail SMTPでOAuth認証するときに401エラーが出る場合

WordPressのWP Mail SMTPやRubyとかでOAuth認証を実装するときに、「Client ID」と「Client Secret」を作成するアプリケーション側に記述することになるが、OAuth認証を実行しようとすると、Google側には遷移するものの、「401. That’s an error.」と表示される。
これは、「Client ID」や「Client Secret」がちゃんと入力されていない可能性がある。Google Cloud Platform側でそれらの値をコピーしてから、ペーストすると、なぜか文頭と文末に空白(スペース)が入ってしまう。このスペースが入っていると動作しないため、前後にスペースが入ってしまっていないか要注意。(HanamiのOAuth認証実装時と、WordPressのOAuth認証実装時と、2回もこれでハマってしまった。)

この画面でコピーすると、すでに空白も一緒にコピーされている

OAuth認証を実行すると401エラー

参考サイト