GitHubからRuby on RailsのソースをDLして起動する流れのメモ

■ハマりポイントメモ
 ・GitHubで公開されてるソースをRailsで実行しようとすると環境依存があってうまく動かない
・$ bundle install で実行するとPCの共通ディレクトリにインストールされてしまうのでそれが起きないようにアプリ別にGemをインストールする(オプション –path vendor/bundler
・Railsもアプリ別にインストールされるので、railsコマンドが使えない。なので、「
rbenv exec bundle exec [コマンド名]」の形でコマンドを実行する。
(例:$ rbenv exec bundle exec rails s)

■コマンドメモ
Gemをアプリのvendor/bundlerフォルダにインストール。複数アプリを開発している場合に独立性を担保するため。
$ rbenv exec bundle install –path vendor/bundler

————————————————————————————————————Gem::LoadError: You have already activated rake 12.1.0, but your Gemfile requires rake 11.2.2. Prepending `bundle exec` to your command may solve this.
————————————————————————————————————
もしエラー出たらGemアップデート
$ rbenv exec bundle update rake

データベースの設定を自分の環境に合わせる
$ vi config/database.yml

PostgreSQLだったらこれで起動
$ postgres -D /usr/local/var/postgres

データベース関連作成&反映
$ rbenv exec rake db:create
$ rbenv exec rake db:migrate

もし初期データ作成されていたらデータ投入する
$ rbenv exec rake db:seed

サーバー起動
$ rbenv exec rails s

———————————————————————————————
-bash: /Users/XXX/.rbenv/shims/rails: No such file or directory
———————————————————————————————

もしエラー出たら(ファイル見つからないと言われたら)これで起動
$ rbenv exec bundle exec rails s

それでも同じエラーが出たら以下を実行
$ gem install railties && rbenv rehash

■参考サイト
`rbenv: rails: command not found`の対処方法