Salesforce学習の初心者ガイド

SalesforceはWebサイト、ドキュメント、開発環境とトップクラスに充実しています。
その中で、特にわかりやすかったものを全体のガイドとして作成しました。
Sales Cloudをメインにしています。Salesforce公式以外も含めています。

Salesforceの考え方を学ぶ

初心者や社内トレーニングをする場合は、こちらをざっと読んでもらうと把握しやすいです。

  • Salesforceのハブページ
    営業、サービス、マーケティング、コミュニティ、分析、プラットフォームとアプリの軸で整理された初心者ガイド。Sales Cloudは「営業」から閲覧可能。

UI/UXが優れていて、読みやすく理解しやすいため、まずこれを読むのがおすすめ。
たとえば、「計画 → 導入 → トレーニング → 次のステップ」のようなフローと動画付きでわかりやすい。

導入の計画では、 Welcome kit があり、そのまま社内トレーニングにも使えるほど品質が高い。(要ログイン)

Salesforceで実践する

  • Salesforce 学習プラットフォーム Trailhead
    ケーススタディに沿って実践することができる。内容が本格的でわかりやすいが、たまに情報が抜けていてうまく進められないこともある。
    (たとえば、カスタムオブジェクトの型が指定されておらず、適当に指定したら進まない、など)
    各コースの最下部に「ステップを確認してXXポイントを獲得」ボタンがある。それを押すと、英語になるが「XXがありません」などのように不足箇所を指摘してくれるため、抜け漏れチェックがしやすくなっている。

  • Salesforce Developer Edition サインアップ手順
    Salesforceは、無料で使える開発環境「Developer Edition」を提供していて、誰でも取得可能。

開発環境に使用したり、学習プラットフォーム「Trailhead」で実践するときに利用できる。

Salesforceの機能を知る

  • Salesforce標準機能のまとめ
    オブジェクトや機能、データについて丁寧に解説されていて、非常にわかりやすい。また、一覧性もあるため、Salesforceのコア機能がなんなのか、一覧を見るだけでも理解しやすくなる。

Salesforceの上限を知る

  • Salesforce の機能とエディションの割り当て
    Sales Cloudは、ストレージ容量が出力レコード件数に上限があるため、その内容を把握したいときに活用できる。

  • Salesforceの制限事項
    Salesforce公式サイトだと読みにくいため、こちらのほうが見やすい。ただし、情報が若干古いため、調査日に注意。最新版では全体的に許容量が多くなっています。

Salesforceの営業プロセスモデルを知る

The Modelの基本は、大きく以下4つのプロセスで設計されている。一部個人的な意訳あり。

  1. マーケティング(集客) ・・・ 質のよいリードの獲得
  2. インサイドセールス(リード) ・・・ 角度の高い顧客の商談化
  3. フィールドセールス(商談) ・・・ 受注率の最適化
  4. カスタマーサクセス(契約更新) ・・・ 契約継続の最大化

Salesforceの生い立ちや営業プロセスの課題と解決策、そして上記のような営業プロセスにおけるベストプラクティスとSalesforceによる活用方法が書かれている。